ラーメン

とんこつラーメンの王者「一蘭」で釜だれとんこつラーメンを食べてきました!

「一蘭(いちらん)」

この名前はラーメンにあまり詳しくない方でも1度は聞いたことがあるのでないでしょうか?

今ではラーメン店ランキングで常に上位に来るくらい有名になりましたね。最近では中国人や韓国人など海外の観光客がいっぱい並んでいる光景をよく見ます。店舗には「天然とんこつラーメン専門」という看板を掲げています。現在は国内外に約60店舗くらいは展開しているラーメンチェーン店です。主要都市に行くと必ずと言っていいほど、見かけるようになりました。とんこつラーメン一本で勝負しており、こだわりのスープを使用したラーメンは深みのある味わいです。

一蘭総本店一蘭のラーメンで一番の特徴は中央に浮かんだ「赤い秘伝のたれ」です。これは唐辛子をベースに30種類以上の材料で調味し、何日も時間をかけて熟成させています。

店内の様子も他のラーメン店とは異なります。すべてカウンターで1席1席が仕切られています。知り合いと来ても、ラーメンを集中して食べて欲しいという思いが込められているようです。そして、注文する際には声を出す必要がないため、女性でも気にせず注文でき、1人で入りやすいです。

とんこつラーメンで定番の替え玉もあります。券売機で替え玉を買っておくと、替え玉プレートが机の上に置かれます。自分の好きなタイミングでプレートを置くと、チャルメラの曲が流れて、店員が来てくれます。

一蘭 替え玉

一蘭の釜だれとんこつラーメンとは一体?

さて、60店舗以上ある一蘭の中でも、通常のとんこつラーメンと一味違うラーメンを食べることが出来る店舗があります。

それは全国でたったの2店舗で、福岡県にある「天神西通り店」と「キャナルシティ博多店」です。しかも、その中で、天神西通りは通常のラーメンと器が違うのです。

そのラーメンとは、「釜煮込み焼き豚」の煮汁で仕上げた「釜だれとんこつラーメン」という名前のラーメンです。

そのラーメンは釜煮込みチャーシューを作るときにできる煮汁をブレンドしたものらしいです。通常のラーメンとは違い、醤油の味が強くて、少し深みがあるという表現が適切かわかりませんが、コクがあります。 

「天神西通り店」では有田焼の重箱の形の容器に入れられています。ちなみにこの重箱は佐賀県の有田焼で、一箱9,800円という代物であります。どんぶりの底には、通常のラーメンと同様に「この一滴が最高の喜びです」と書かれています。少し高級感があるラーメンです。

お客さんの反応

釜だれとんこつラーメンはどこで食べれるの?

一蘭 天神西通り店へのアクセスは、岩田屋沿い「きらめき通り」を西通り方面に直進します。横断歩道を渡った正面にあるお店です。大きな丸い一蘭のロゴ看板が目印になります。西鉄天神大牟田線・福岡(天神)駅から徒歩5分、市営地下鉄・天神駅から徒歩8分くらいです。
 
住所:福岡県福岡市中央区大名2-1-57
 

電話番号:092-713-6631

営業時間:10:00~翌7:00(年中無休)

席:カウンター28席、個室(2~7人用)1室

釜だれとんこつラーメン以外にも特別なラーメンがあります

剛鉄麺

とんこつラーメンと言えば、麺の硬さを選べるのも魅力的ですよね。

かた麺が好きという方も大勢いると思いますが、そういったお客様のために、麺専属の職人が長い年月をかけて試行錯誤を繰り返し、開発した「剛鉄麺」というものがあります。福岡には『バリカタ』『針ガネ』『粉落とし』など数多くのカタ麺がありますが、それらを上回る硬さと歯ごたえが特長です。ちなみにこの剛鉄麺は「西新店」と「天神店」の2店舗のみの限定品です。価格は210円と通常の替え玉と比較しても少しお高めですのでご注意を。

剛鉄

一蘭の森

「一蘭」には「一蘭の森」という場所が存在します。


一蘭好きの方は一度は行ってみたいと思うような場所です。

一蘭の森場所は福岡県糸島市の山奥にあります。当然ながら車で行くことが前提となりますが、道中至るところに「一蘭の森」への案内看板が立っているので迷うことはないでしょう。広い駐車場を降りると、提灯の門があり、竹林の道が続きます。京都に来たような錯覚になります。竹林の道を抜けると、巨大工場が見えます。

この工場から九州全店舗へ配送しているそうです。

「一蘭の森」では限定の週替わりとんこつラーメンとなる「滋味系とんこつ」と「市場系とんこつ」が隔週で提供されています。

どんなラーメンかは行ってみてからのお楽しみ!!

ガラス越しですが工場見学を楽しむことができます。

その中には製麺工場があり、先程ご紹介した「剛鉄麺」もここで作られています。

まとめ

いかがでしょうか?

一蘭といっても、あなたがまだまだ体験したことのないラーメンがあったのではないでしょうか?

一蘭のラーメンは他のラーメンよりも少し価格が高めに設定されていますが、それだけのお金を払う価値があります。お店側も味に相当自信があるのでしょう。

あなたも通常と一味違った一蘭を食べてみてはいかがでしょうか?