就職活動

通りやすいエントリーシートや履歴書の作成ポイントはこれだ!!

就活で最初の鬼門となるのが、エントリーシートや履歴書です。これを通過できなければ、Face to faceでのアピールができません。「会って話をすれば、自分の良さが絶対分かってもらえたのに!!」など、自分の良さを知ってもらう前に書類で落とされるのは納得できないですよね!

しかし残酷なことに、大半の学生が書類選考で不合格になっています。

どうやったら通りやすいのか?書類の内容から、いかに魅力的な人間なのか判断してもらうためにも、以下のポイントを押さえておきましょう。

好印象を与える証明写真は写真屋で撮影する!

エントリーシートや履歴書で必ずといっていいほど、証明写真を添付する必要があります。

あなたは、これから受けようとしている企業の採用担当者とは面識はないですよね。採用担当者は、あなたがどんな雰囲気の人なのだろうと思うのは当然のことで、まず最初に証明写真に目がいきます。そのため、証明写真は就活攻略で大切なファクターの1つです。

また、内定を勝ち取っていざ就職してみると、社員証に就活の証明写真がそのまま使用されている!!なんてケースもよくあります。そういった面もあるため、証明写真は重要です。

そこで、証明写真は写真館で撮影することをオススメします。写真館ではプロのカメラマンが撮影してくれるため、顔の表情や角度など的確な指示を出してくれますし、撮影のタイミングもわかりやすく上手です。撮影に使用するカメラも高画質なので、色も鮮やかで明るい印象を与えます。

そして、何よりも納得いくまで何枚も撮影することができます(ただカメラマンもプロなので、何十枚も撮影しなくても納得いく写真は撮影できます)。初回は撮影代が含まれるため、多少価格が高くなりますが、2回目以降はデータがあれば、何枚でも現像することができます。金額も比較的安く抑えることができます。

カメラマン

大学や駅などには、証明写真機(スピード写真)がよくあると思いますが、利用するのは避けた方がいいです。時間がなくて間に合わないから証明写真機で良いや…という状況を極力作らないようにしましょう。証明写真機の利用を避けたい理由は以下の通りです。

・画質が悪く暗い印象になる

・取り直しが数回しかないため、納得できる写真が得られない。

・枚数が限られており、結局何回も撮影する必要性が出てきて手間がかかる。

容姿については、本屋で売られている就活攻略本などに記載されている通りで、もちろん清潔にしているに越したことはありません。前髪が目にかかる長さであったり。染髪などは避けた方がいいでしょう。身だしなみは当然のことなので、ここでは述べません。

エントリーシート、履歴書に記載する内容は下書きしておく

エントリーシートや履歴書への記載内容はパソコンのWordに下書きしておくことをおすすめします。

私も必ず下書きするようにしていました。

パソコン

履歴書の場合、自分が履歴書を変えない限り、同じ内容・同じ文字数なので、1つの下書きがあれば毎回考えながら書く必要はなくなります。私は一般販売されている履歴書ではなく、大学が販売している校章が入った専用の履歴書を使用していました。そうすることで買う際にも迷うことなく購入でき、買い間違いを防ぐことができます。

エントリーシートは文字数が各社でバラバラなため、例えば100文字、200文字、400文字など何パターンか準備しておくといいでしょう。wordであれば、何回でも書き直しができますし、1行の文字数がエントリーシートや履歴書の1行に収まる文字数とだいたい同じです。また、下書きを見ながら書くため書き損じも減ります。

エントリーシートや履歴書の記載内容は具体的に!

「とても頑張りました」「ほとんど自分で」「長期間にわたり」など曖昧な表現は記載せず、具体的な内容を記載するように心がけましょう。

私の場合「学生生活で頑張ったこと」について、例えば以下のように記載していました…

「バイトでオープニングスタッフとして、30名のバイト生のリーダーを勤め、施設の立ち上げから携わり、2年間で3000人の会員を獲得した…」

「大学の学科全員(職員や生徒など約300名)が集まるスポーツ大会や謝恩会での運営スタッフの会長を自ら立候補して、会を大成功に収めた…」

など、自分の立ち位置や取り組んだ内容に具体的な数字を盛り込むことで、簡潔明瞭に体験談を伝えることができます。特に数字をいれて定量化することで読む人もイメージしやすくなります。

エントリーシートや履歴書に記載した内容は面接でも聞かれるため、あなたが最も答えやすい内容を記載するといいでしょう。

字は達筆でなくてもいい!ただし、丁寧に書く!

字は達筆であることに越したことはありませんが、どうしても字を書くことは苦手という方もいるかと思います。そこまで心配しなくても大丈夫です。会社に入ってから、自分が思っている以上に字が汚い人はいっぱいいるなと感じたくらいです。

履歴書、作成

ただし、丁寧に書くことだけは心がけてください。

エントリーシートを見るのは人間ですので、あまりにも雑に書いていると、途中で読むのを諦めるという心情にもなる可能性はゼロとは言えません。この学生は本気じゃないなと思われることもあるでしょう。

書き込み式ボールペン字の練習帳 美しい字が書ける! [ 岡田崇花 ]

感想(91件)

私は手書きで記載するときには、パイロット製のHi- Tec- C 0.5のボールペンを使用していました。

擦れたりせず、濃くハッキリとした字が書けます。0.5mmと、やや太めにすることで、力強い文字が書けるので、相手も見やすいですし、頼りがいがある印象を与えることができます。

パイロット ゲルインキボールペン / ハイテックC05(0.5mm)(LH-20C5)【PILOT HI-TEC-C 水性ボールペン ゲルインキ 筆記具 事務用品 デザイン おしゃれ】

 

最近は書き直しできるようにフリクションペンを利用する人がいるのではないでしょうか?もちろんNGです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

エントリーシ-トや履歴書は会ったこともない人へのラブレターを書いているようなものです。

いかに相手の目に止まる作品に仕上げるか、という意識を持って作成してみてください。

あなたが経験したエピソードはあなたにしかわかりません。それを伝えるためには、具体的かつ簡潔明瞭に内容を記載し、相手がイメージしやすい数字などを入れると理解されやすいと思います。相手の目に止まるよう、何度も何度も書き直して、これで落ちたなら諦めがつく、というような最高の作品を仕上げてください。

余談ですが、あなたは「スカウト型就活サイト」をご存知ですか?

現在、OfferBoxなどのスカウト型就活サイトが学生の間で人気で、大学生協もオススメしています!
プロフィールを入力すると、大手からベンチャーまで4,800社以上の企業の中からオファーが届く仕組みです。

OfferBox

特別選考の招待も受けられる等のメリットもあり、登録者の1,000名以上が大手企業に内定するなど実績多数です。就活をしていてとてもワクワクするので登録してみましょう。

ビジネス
あなたはどんな仕事がしたい?就活における企業研究3つのやり方あなたはどんな仕事がしたいですか?就活の原点はここです。自分がしたい仕事を探すことも就活の一環です。 大学進学時には学部を選ばないとい...
お金
就活費用を抑えたい人必見!「夜行バス」はお金も時間も効率的です就活では活動すればするほど、どうしてもお金がかかってしまいますよね? 特に九州や東北など地方の大学に通っている学生は移動だけで数十万円...
面接、練習
数々の企業の面接を勝ち抜いてきた私が実践した3つのポイント!!エントリーシートや履歴書とは違い、面接になると急にハードルが上がって不安・恐怖に感じてしまう方が多いのではないでしょうか? 私が1番最...
企業プレゼン
就活における企業説明会で注意しておくべきポイントを教えます!企業説明会や企業(工場)見学では、出来るだけ多くの企業の話を聞いておくことをおすすめします。 就職してしまったら、他の業界・他の企業の...
就活、スケジュール
就活中の有効的なスケジュールの組み立てと手帳での管理法を紹介します!就活は3~4ヶ月の短期間での勝負です。 その短い期間で「スケジュールを如何に効率的・効果的に組立てるか」というのも、勝ち抜くために身に...
就活、面接
私が就活の面接で聞かれた質問を大公開!質問内容は大体どこも同じ?「面接では何を聞かれるだろう?」と不安に感じる人、面接で頭が真っ白になる人も多いのではないでしょうか! でも安心してください。面接で聞...
グループディスカッション
就活におけるグループディスカッションでの役割と合格に向けた対策!面接は大丈夫だけど、グループディスカッションになると、どうも苦手…思い通りにいかない…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?私もその...
就職活動に悪影響!リクルートキャリアの内定辞退予測を購入した大手企業がヤバい!2021年卒の学生の就職活動がいよいよ本格的に始まりますね。 就職情報サイトの「リクナビ」を運営しているリクルートキャリアが学生の内定...