話題の情報

渋谷すばると錦戸亮の「9号車2番A席」の歌詞の意味は?楽曲エピソード!

渋谷すばる、錦戸亮

2019年9月5日関ジャニ∞の錦戸亮さんがジャニーズを退所というファンにとって衝撃的なニュースが飛び込んできましたよね。

錦戸亮さんについては、以前からファンの間で関ジャニメンバーとの溝があり、メンバーから脱退するのではないかという噂は飛び交っていましたから、噂が現実になってしまった!と世間は大騒ぎです!

実は錦戸亮さんがジャニーズを退所する理由のひとつに、渋谷すばるさんの存在が大きいと言われています。

渋谷すばるさんが脱退した時に、関ジャニ∞メンバーの中で錦戸亮さんだけがグループの「解散」を主張したと報じられています。

そこで今回は、渋谷すばるさんと錦戸亮さんの名曲「9号車2番A席」の楽曲エピソードや歌詞の意味についてまとめてみました。

名曲「9号車2番A席」の楽曲エピソード

渋谷すばる、錦戸亮

関ジャニ∞18枚目のシングル「365日家族」に収録されている曲です。

「KANJANI∞ LIVE TOUR 2010-2011 8UPPERS」のアリーナ会場公演でファンの前で披露されました。

ファンの間では言わずと知れた名曲で、好きという方もとても多い作品です。

当時の渋谷すばるさんと錦戸亮さんの楽曲エピソードについて、2014年2月号の「with」の連載企画『C∞MBI i』ではこのように語っていました。

渋谷「亮に先に曲作ってもらって、俺が歌詞を書いたんやったな。でもサビの歌詞は亮が口ずさんでたのがよかったから、それを入れたんやけど」
錦戸「そうそう、新幹線の話にしたいと思って。のぞみとひかりはスッと入ったんやけど、こだまだけうまく入らんくて。すばる君に『どないかして入れて!』ってお願いしたら、ちゃんと入れてくれてた!」

参考:「with」2014年2月号『C∞MBI i』より

 

また、「KANJANI∞ LIVE TOUR 2010-2011 8UPPERS」のコンサートでも、渋谷すばるさんと錦戸亮さんが、この「9号車2番A席」の曲ができた時の状況を話してくれていたのでまとめてみます。

  • 「9号車2番A席」というタイトルはこの曲ができた時に座っていた席
  • 歌詞に込められた意味は、関ジャニ∞の成長をストーリー仕立てで表している
  • 「デッキ」「指定席」「グリーン車」の順は、関ジャニ∞が成長するにつれ、移動の新幹線の席が良い席に変わる
  • 「新大阪発始発のぞみ1号」のフレーズは、昔大阪⇒東京へ仕事に行くのに乗った新幹線
  • 「僕ら忘れない」というフレーズは、どれだけ人気が出ても新幹線がグリーン車になっても、昔デッキで楽しく将来の夢を語り合っていた頃の気持ちは決して忘れない

「要するに、初心を忘れたらアカン!」と渋谷すばるさんが名言を残していましたが、本当にその通りですよね。

そんな想いで作られていたなんて、感慨深い歌詞ですよね。

名曲「9号車2番A席」の歌詞の意味とは?

先程の楽曲エピソードをもとに、歌詞の意味について考えていきたいと思います。

「新大阪発始発のぞみ1号」の冒頭フレーズから始まり、新幹線の中でみんなの想いを乗せた物語が始まると想像をふくらませることができますね。

 

「信号変わらず4月の雪 日曜 僕らの夢を乗せて」は、春なのにまだ雪解けが残る日曜最後の週、みんな夢を胸に新たな旅立ちの瞬間ということがわかります。

 

「いつからか指定席からグリーン車に変わっていたよ だけど僕ら忘れない デッキに座っていたあの気持ち」は、大人気グループとなった自分達のことを指しています。
 
 
「信じてるから僕ら笑い合えるよ 今までもこれからも」「信じてるんだ なんか変えていけると あなたの夢を乗せて」は、1人1人が自分自身を信じているから、お互いに笑いわかり合えるし、これから夢がふくらむ一方だというみんなの期待感がよく伝わるフレーズです。
 
 

「いつの日かひとつになり 奇麗な虹描けるんだ だから僕ら忘れない デッキで語っていたあの話」は、みんなの想いが実現し、1つのことを成し上げるという意味でもあり、成長して個々に独立するという意味でもあるのかもしれません。しかし、初心の頃にデッキで夢を語っていたあの頃の姿は忘れないという意味があるのでしょう。

こうして歌詞を考えてみると、随分奥深い名曲ですよね。

当時の10代でデビューした頃のメンバーの心情や、当時の初々しさ、不安や葛藤など青春時代を彷彿させるような歌詞になっています。

「9号車2番A席」が聴けなくなるファンの反応は?

渋谷すばる、錦戸亮

https://twitter.com/miduka_80922/status/1169555407653593088

https://twitter.com/8orange0/status/1169557769994690560

iPhoneのランダム再生で「9号車2番A席」が流れてしまい、なぜこのタイミングで!?と涙腺崩壊した方も多かったようですね。

ファンのみんなは、やはり渋谷すばるさんと錦戸亮さんの名曲が伝説の曲になり二度と披露されなくなってしまったことにとても悲しんでいますね。

まとめ

いかがでしたか?

「ひかり」「のぞみ 」「こだま」といった新幹線にかけて歌詞に名前を入れているのが面白いですよね。

曲の途中で渋谷すばるさんと錦戸亮さんの2人のセリフの掛け合いがありますが、その時々でアレンジしてセリフが少し違っていたりすることもあるようです。

本当に2人の信頼関係や仲の良さがわかるような楽曲ですよね。

この名曲は、大阪⇔東京間をずっと移動してる渋谷すばるさんだからこそ書けるような歌詞で、まっすぐな錦戸亮さんだからこそ、ストレートに優しい曲が作れるのかもしれません。

いずれにしても、関ジャニ∞を脱退した渋谷すばるさんと錦戸亮さんは応援していきたいですね。

米津玄師、パプリカ
米津玄師「パプリカ」本人版がみんなのうたで大好評!歌詞の意味は?米津玄師さんといえば、2019年8月5日にYou Tubeの公式チャンネル登録者数が400万人を突破したと話題を呼んでいます。 また、...