話題の情報

森田望智の演技力がすごい!演技力を絶賛してる人たちは誰?

森田望智、すごい、演技力、全裸監督

森田望智さんは女優として活躍されていますが、その演技力が高く評価されています。

若手女優でありながら肝が据わった女優さんだと言われているので、これからが楽しみな女優さんです。

そんな森田望智さんのすごい演技力が発揮された作品や、森田望智さんの演技力は誰から評価されているのか、森田望智さん自身についても調査してみました。

この記事を読んでわかること

  • 森田望智の演技力がすごいと言われるようになったキッカケの作品は何か?
  • 森田望智の演技力はなぜすごいのか?
  • 森田望智の演技力は誰に評価されているのか?

森田望智のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もうひとつ Other types. #interview #offshot

森田望智 Misato Morita(@misatomorita_official)がシェアした投稿 –

名前:森田 望智(もりた みさと)

生年月日: 1996年9月13日

出身地:神奈川県

身長:163cm

血液型:O型

特技:クラッシックバレエ、フィギュアスケート

趣味:映画鑑賞

事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

森田望智さんは、子役として芸能界に入りましたが、当時はあまり目が出ず、オーディションにも落ちる日々だったようです。

そんな中、これでもう最後かもしれないと必死の思いで臨んだオーディションに見事合格することとなります。

それが『全裸監督』の作品です。

『全裸監督』は2019年にNetflixのドラマとして配信され、黒木香役を演じ、一躍有名になりました。

そして森田望智さんの演技力が高く評価されるようになったのが、この『全裸監督』の作品なのです。

森田望智の演技のココがすごい!

全裸監督

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#全裸監督 #試写会 #Netflix ドレス @threefloor イヤリング @agete_official

森田望智 Misato Morita(@misatomorita_official)がシェアした投稿 –

森田望智さんは、『全裸監督』では、なんと黒木香というセクシー女優の役を演じ、ベッドシーンがあったり相当過激なシーンもあったりで、この若さでこんな役柄を表現できるのは『パワーを感じる体当たり的な演技だ』と注目されています。

そんな森田望智さんは『全裸監督』をなんと両親と一緒に見たそうで、母親は爆笑、父親は苦笑いで終始笑っている様子だったそうです。

森田望智さんの演技の凄さを視聴者たちはこのように話しています。

森田望智の表情がリアルだよね

感情ごと役に入り込んでいる

恥ずかしい役なのに、突き抜けた感じが凄い

全てをさらけ出す根性がすごい

見ているこっちが恥ずかしくなる

最後の意見は森田望智さんの親友の方の意見でもあります。

森田望智さんが『情熱大陸』に出演された際、親友とのご飯をしている場面で語られていました。

やっぱり身近な人がそういった役を演じるのは見るのに恥ずかしさがありますよね。

ちなみに森田望智さんは、親友に見られようが家族に見られようが全く恥ずかしくないようなので、すごいですよね!

柳生一族の陰謀

BSプレミアムで放送された『柳生一族の陰謀』は吉田鋼太郎さん主演で、森田望智さんは女歌舞伎の出雲の阿国を演じられています。

なんといってもすごいのが、ドラマのシーンで森田望智さんが笛を吹くところです!

実際は吹くことはなく手真似で演じるだけで良いのにも関わらず、実際に笛を吹くわけではないので、せめて指の動きは本物と同じに合わせたいと考え、何度も何度も笛の音色に合わせて指の練習をするんですよね。

森田望智さんいわく、鏡を見ながら、「プロだな」と感じることができればプロなのだそうです。

何に対しても一生懸命な演技ということがわかります。

トップナイフ

日テレドラマ『トップナイフ』では、森田望智さんは、若手ナース小沢真凛役を努めます。

なんといっても主演は天海祐希さんで、椎名桔平さん、三浦友和さんなどの大物俳優が揃っている、そうそうたるメンバーです。

このような芸歴も上の先輩に対しても、物怖じせず冷静に演技しているところはさすがではないでしょうか?

森田望智さんが演じる若手ナースは冷静沈着で優秀な役どころなので、冷静さは常に意識しておられたと思います。

森田望智の演技力がすごい理由は?

ボビー中西、森田望智、演技力、すごい

森田望智さんは、俳優を対象にしたワークショップに通っており、そこの指導者がボビー中西さんだと言うのです。

ボビー中西さんは、アメリカで20年間演技を学んできた経歴をお持ちで、独特な演技指導法です。

動物園に行き、気になる動物を観察し、スケッチさせます。

そしてスケッチした動物になりきるという表現方法です。

独特ですが、このような表現方法を鍛えることで、『全力で役になりきる森田望智』という女優が仕上がったのではないでしょうか。

森田望智の演技力を絶賛しているのは?

『全裸監督』の武正晴監督

武正晴監督は、森田望智さんを『全裸監督』の黒木香役にキャスティングしたことに対して間違いはなかったか記者に聞かれると、このように語っています。

僕が監督したのは第5話までなんだけど、その後のエピソードに「朝まで生テレビ!」のシーンがあって、彼女、黒木香そのものだったんですよ。「役者ってすげえな!」って驚きました。かなわないなと思いましたね。

海外でも注目される女優になれるかという質問には、このように答えています。

もう絶対に行きますよ。「なんだこいつは!」って言われる女優になりますよ。第5話のAV撮影シーンは、肉体的にも精神的にも『百円の恋』におけるボクシングのシーンと同じだと思いました。比較はできないけど、それくらいきついシーンでした。だから、よく乗り切ったなと。怖いですよね、ああいうシーンというのはケガをするかもしれないし、簡単にできるものではない。あの部分は物語の核だから、ここで崩れたら全て終わると思っていました。

  森田さんは、第5話の撮影前、「みんなインフルエンザになって休みになればいいな」なんて言ってましたが、僕だって上から何か落ちてきて軽い骨折でもしないかなぁなんて思いましたよ(笑)。でも、難しいことにチャレンジして乗り切って、「ああ、やればできるんだ。やって良かった」という瞬間があると、そこにいられただけで、この仕事をやる価値を見出すことができる。今回、第5話の時に、スタッフもキャストも確実にそれを感じたと思います。森田さんもそこを乗り切ったので、次にまた何かやれる力になったと思うし、自信につながったと思います。

引用:映画board:【インタビュー】「全裸監督」武正晴監督&森田望智 <山田孝之主演 村西とおるの運命の女性・黒木香を熱演>より

武正晴監督は森田望智さんを絶賛されているのがわかりますよね!

武正晴監督は森田望智さんを、ひと目見た時から「この子で決まりだ」と決めていたようですからよっぽどですね。

オーディションの時は、森田望智さんは脇毛をマジックで書いて挑んだというので、恥も外聞もない様子で、気合の入れようは凄まじかったのでしょうね。

オーディションに初めて勝ち取った役柄がセクシー女優だということで、森田望智さんは最初、役柄だけに全てをさらけ出すのが恥ずかしかったようです。

ですが武正晴監督が相手の方の俳優さんと絡んで必死に指導されたことで「こんなに必死に教えてくれているのに、私は何を恥ずかしかっているのだろう」と振り切れたそうです。

森田望智さんからは熱い女優魂を感じますね。

『全裸監督』出演の山田孝之

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本日Netflixにて「全裸監督」が配信されました。是非ご覧ください。#netflix #全裸監督

山田孝之(@takayukiyamadaphoto)がシェアした投稿 –

山田孝之さんは、森田望智さんとの『全裸監督』初共演でこのように語っています。

森田さんは、とにかく真面目!自分の出番がない時もずっと僕たちの芝居を見ていて。しかも、森田さんの芝居を見た瞬間、キャストみんなが「本物の黒木さんじゃん!こりゃ、本気出さないとヤバいぞ!」と思ってしまうぐらいすごかったんです。

 

いやぁ不思議な現場だったよね!役者って、役を作ってカメラの前に立ったら、今日始めた人も50年やっている人も一緒。芸歴なんか関係ない中、森田さん全力で来るからもちろん全力で受け止めたけど、あそこまでやられた経験がなかったから、正直怖かったかも。頭のてっぺんから指先まで全部くい尽くされる感覚だったから(笑)。

引用:TVLIFEより

大ベテラン俳優の山田孝之さんを「正直怖かった」と怖がらすほどの演技力を持っている森田望智さんは女優として恐ろしいですよね。

若くて偉大なるパワーを感じますよね。

これからが本当に楽しみな女優さんです。

明石家さんま

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#明石家さんま #木村拓哉 #渡辺直美 #さんタク #さんま映え #fujitv #フジテレビ

明石家さんま(@sanma_santaku)がシェアした投稿 –

『FNS27時間テレビ』内のコーナー「明石家さんまのラブメイト10」では、明石家さんまさんが今年1年気になった女優さんをピックアップするコーナーなのですが、2019年に森田望智さんが10位にランクインされており、森田望智さんのことをとても絶賛されています。

10位にランクインした「全裸監督」黒木香役の森田望智はスタジオに登場。さんまは「すごい俳優さんの中で、新人であんなに大胆なことができるのは肝が据わっている。思い切りのある、ブレない一生懸命さが好き」と度胸に惚れ込んだようで、「全裸監督」ファンの今田、岡村とともに森田へ撮影裏話を質問攻めしていた。

引用:modelpressより

確かに明石家さんまさんの言う通り、新人であれだけの演技をするのは相当な度胸と信念の強さが必要だと思います。

森田望智さんは、オーディションに落ちすぎて何度も何度も悔しい想いを人一倍経験してきただけに、並々ならぬ覚悟と軸が本人の中にあったことでしょう。

視聴者

新人女優で、知名度もあまり高くないにも関わらず、「この人すごい」「要チェック」などと言われて期待されている感じが伝わり、よほど演技力が視聴者にも高く評価されているというのがわかりますよね。

そして森田望智さんは高い演技が力が評価され、『第24回釜山国際映画祭』で最優秀新人賞を受賞することになりました。

森田望智さんは、憧れの舞台で、レッドカーペッドを歩いて大興奮されていたようです。

まとめ

いかがでしたか?

圧倒的な演技力を持つ森田望智さんからは、大女優の風格を感じざるを得ません。

『全裸監督』の初めの頃にあった羞恥心もふき飛び、今では体当たりの演技ができていますよね。

森田望智さんは、簡単に手に入ったチャンスでは無いからこそ、自ら掴んだチャンスは完璧を目指して日々努力されているのだと思います。

森田望智さんは真面目で、本当にその人本人かと思われるぐらい役になりきるからこそ、多くの人から評価され愛されるのでしょう。

森田望智さんは、これからどんどん海外進出し、海外でも有名な世界的女優になっていきそうですよね!

これからも森田望智さんの活躍が楽しみです!