話題の情報

前田穂南がマラソン五輪内定!天満屋女子陸上部は超名門で五輪選手を多数輩出!

天満屋女子陸上部

2019年9月15日(日)に開催された「マラソングランドチャンピオンシップ(Marathon Grand Championship:MGC)」で「天満屋」の「前田穂南」選手が2時間25分15秒で優勝し、見事に2020年の東京オリンピック代表に内定しましたね。

前田穂南選手が所属する「天満屋」ってあまり聞き慣れない企業ですが、一体どのような業種の企業なのでしょうか?

今回は陸上界の名門「天満屋」を調査してみたので、紹介します。

前田穂南選手のプロフィール

前田穂南 天満屋

名前:前田穂南(まえだ ほなみ)

年齢:23歳(1996717日)

出身地:兵庫県尼崎市

身長:166cm

体重:46kg

出身学校:尼崎市立園田東中学校、大阪薫英女子高等学校

所属:天満屋(てんまや、2015年入社)

趣味:走ること

好きな食べ物:雑炊、もも、アボカド

前田穂南選手の主な記録

各種目の自己ベスト

  • 1500m:4分28秒15(インターハイ大阪府予選大会:2014年7月20日)
  • 3000m:9分23秒06(ホクレンディスタンスチャレンジ深川大会:2016年7月7日)
  • 5000m:15分38秒16(ホクレンディスタンスチャレンジ士別大会:2018年7月14日)
  • 10000m:32分13秒87(ホクレンディスタンスチャレンジ深川大会:2018年7月11日)
  • ハーフマラソン:1時間9分12秒(山陽女子ロードレース:2018年12月23日)
  • マラソン:2時間23分48秒(大阪国際女子マラソン:2018年1月28日)

フルマラソン

  • 2017年1月 大阪国際女子マラソン:12位(2時間32分19秒)
  • 2017年8月 北海道マラソン:優勝(2時間28分48秒)
  • 2018年1月 大阪国際女子マラソン:2位(2時間23分48秒)
  • 2018年9月 ベルリンマラソン:7位(2時間25分23秒)
  • 2019年3月 東京マラソン:12位(2時間31分42秒)
  • 2019年9月 マラソングランドチャンピオンシップ:優勝(2時間25分15秒)

天満屋ってどんな企業?!

天満屋

社名:株式会社天満屋(てんまや)

創業:1829年(天満屋小間物店)

代表者:木住 勝美(代表取締役会長)、江國成基(代表取締役社長)

本社所在地:岡山県岡山市北区表町二丁目1-1

事業内容:百貨店業

資本金:348,3067,000

売上:1,4621,3282,000

決算期:2月末

従業員:2,490

中国地方に百貨店9店舗、商業ビル3店舗を構え、スーパーマーケット(天満屋ハピータウンなど)やホテルを中心に20を超える企業を傘下におさめる天満屋グループの中核企業です。

岡山県でも有数の企業グループでありますが、非上場とのことです。

大手百貨店のグループや大手電鉄系列を除いた地場百貨店では「日本一の売り上げ」を誇っているらしく、黒字を維持し続けています。

岡山市内初のエレベーターが設置されたことでも有名で、地方百貨店としては珍しく、エレベーターガールがいる数少ない百貨店の1つらしいです。

天満屋の直営店としては岡山に「岡山本店」「倉敷店」「津山店」の3店舗、広島に「福山店」「福山ポートプラザ店」「アルパーク店」「緑井店」の4店舗があるそうです。

天満屋女子陸上部の実績

1992年4月1日に天満屋女子陸上部が創部されて以来、27年間で数多くの功績が生まれています。その一部をご紹介します。

ユニフォームはピンク色で「てんまや」と表記されています。

天満屋 女子陸上部

女子マラソン

天満屋の女子陸上部からは特に女子の長距離走・マラソンランナーを多数輩出しています。

「シドニーオリンピック」から「ロンドンオリンピック」まで4大会連続で天満屋女子陸上部からオリンピック代表選手が選出されています。

<オリンピック出場選手>

  • 山口衛里(シドニーオリンピック):7位入賞
  • 坂本直子(アテネオリンピック):7位入賞
  • 中村友梨香(北京オリンピック):13位
  • 重友梨佐(ロンドンオリンピック):79位

今回のMGCで優勝した前田穂南選手は天満屋女子陸上部から5人目のオリンピック出場となります。

1つの企業の陸上部から、これだけ多くのオリンピック選手を生み出している功績はとてもすごいことですね。

今回のMGCで3位になり、惜しくもオリンピック内定を逃した「小原怜」選手も実は天満屋女子陸上部に所属しているんです。

全日本実業団女子駅伝

毎年11月~12月に開催される「全日本実業団女子駅伝」に第12回大会から38回大会まで27年連続で出場しています。

第30回大会では2時間14分35秒で見事優勝しています(メンバー:泉有花、小原怜、中村友梨香、栗栖由江、重友梨佐、浦田佳小里)。

その他の大会でも「2位」が4回「3位」が4回と上位の常連チームとなっています。

今年の大会ではどのような走りを見せてくれるのでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

天満屋は岡山県にある百貨店でしたね。

そして、天満屋の女子陸上部がこれほどまでに強いということは陸上界では有名な話のようです。

さて、前田穂南選手はオリンピックでどのような走りを見せてくれるのでしょうか?

本番まで1年間ありますが、活躍に期待しましょう。