話題の情報

呪術廻戦の原作者 芥見下々の病名や症状は?葦原大介の二の舞との噂!

呪術廻戦の原作者 芥見下々の病名や症状は?葦原大介の二の舞との噂!

呪術廻戦の原作者である芥見下々さんが急病のため掲載をお休みすると話題になっていますが、芥見下々さんの病名や症状はなんなのでしょうか?

ファンの間では、同じく少年ジャンプに掲載されている「ワールドトリガー」の作者葦原大介さんが体調不良から始まり重病を患われたことから、二の舞になると怖いとの噂もあります。

今回は、呪術廻戦の原作者 芥見下々さんの病名や症状について調べてみました。

呪術廻戦の原作者 芥見下々の病名や症状は?

呪術廻戦の原作者である芥見下々さんの病名や症状が気になる人も多いと思います。

芥見下々さんの病名を調べてみたのですが、芥見下々さん自身、病名は公表されていませんでした。

芥見下々さんには特に大きな持病を抱えておられるという情報もなかったため、休息が必要だったことと思われます。

週刊誌の漫画の連載は、尋常じゃないぐらい忙しく、ご飯を食べる時間もないほど忙しい期間もあるようです。

その上、呪術廻戦は、鬼滅の刃に続き日本で大ブームを巻き起こしており、人気絶頂中の漫画家さんです。

芥見下々さんは、過酷な日々と相当なプレッシャーと戦っておられたのではないかと推測できます。

芥見下々のコメント

週刊少年ジャンプ編集部の公式サイトでは、芥見下々さんの体調は、現在回復していると伝えております。

芥見下々さん本人からのコメントは以下の通りです。

【芥見先生のコメント】

普通に調子を崩しました。

ご時世的に心配をおかけしたと思います。

今は回復してます。

このような事態を防ぐために去年末に番外編を挟んだのですが、しっかり原稿を落としてしまいました。

いつもギリギリまで待ってくれている関係各位の皆様や、毎週楽しみしてくれている読者の皆様には本当に申し訳なく思っています。

ごめんなさい!来週はちゃんと載ります!

引用元:https://www.shonenjump.com/j/2021/06/10/210610_oshirase001.html

芥見下々さんによると、体調を崩したけれども現在は回復傾向にあり、来週は掲載予定とのことでした。

回復してきて本当に良かったと思います。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

芥見下々が葦原大介の二の舞になるのが怖い!?

芥見下々さんが葦原大介さんの二の舞になるのが怖いという話はどういうことかと言いますと、同じ週刊少年ジャンプで「ワールドトリガー」の作者である、葦原大介さんは、体調不良から始まり、その後「頚椎症性神経根症」という重病を患ってしまったのです。

頚椎症性神経根症とは?

中年~高齢の人で肩~腕の痛みが生じます。腕や手指のシビレが出ることも多く、痛みは軽いものから耐えられないような痛みまで程度はそれぞれです。

一般に頚椎を後ろへそらせると痛みが強くなりますので、上方を見ることや、うがいをすることが不自由になります。上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることも少なくありません。

引用元:日本整形外科学会より

クビの症状のようですね。

そりゃあ漫画家さんですから、1日中パソコンや原稿の前に座るデスクワークがほとんどで、運動なんてされていないでしょうから、こういった病気にかかるのもわかりますよね。

ただ、葦原大介さんも最初は体調不良から訴えておられたので、芥見下々さんも葦原大介さんのように重病を患ってしまうのではないかと心配する声がたくさんあるのも事実です。

重病にもなりかねないので、芥見下々さんも本当に無理はしないでいただきたいと思います。

¥460 (2021/06/10 12:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

デスクワークをしている人やスマホばっかり見ている人、誰にでも言えることですが、こんな怖い病気もあるのだと知ると、私たちも気をつけていかないといけないとと身が引き締まりますよね。

芥見下々を心配するファンの声

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

やっぱり自分ではなんとも思わなくても身体が悲鳴をあげているなんてこともあるとファンたちは心配しています。

芥見下々さんが長い間ご活躍されるためにも、ファンのためにも、きちんと検査を受けて盤石な態勢で連載していって欲しいなぁと感じますね。

呪術廻戦の原作者 芥見下々の病名や症状は?葦原大介の二の舞との噂まとめ

大人気漫画「呪術廻戦」の作者である芥見下々さんの病気や症状について調べてみました。

また、ファンの間では「ワールドトリガー」作者である葦原大介さんの二の舞になるのが怖いとの噂もありましたが、そうはなってほしくはないですよね。

芥見下々さんの復帰を待ち望んでいるファンも多いことと思います。

今はゆっくりと休養されて、また掲載を楽しみにしております。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。