女子会に最適なお店

「アレグロ」芦屋店でランチしてきました!本場ナポリの味を堪能

芦屋アレグロ

関西で「芦屋」といえば兵庫県の高級住宅街というイメージですよね。

その高級住宅街の中にたたずむ、大衆イタリア食堂「アレグロ」という本場のイタリアンを堪能してきたら、食通な私の口を唸らすほどの感動の嵐でした。

実は他の店舗へも行ったことがあるのですが、個人的にここが外観の雰囲気も含めて一番好みの店舗で、是非あなたにもこの味を味わってもらいたいと思うので今回ご紹介します。

 

大衆イタリア食堂「アレグロ」について

芦屋アレグロ、外観

大衆イタリア食堂「アレグロ」は「塚口駅前店」「天満店」「つかしん店」「芦屋店」「梅田店」と5店舗展開しています。

しかしどのお店も、チェーン店というような「店舗によって味のクオリティが全然違う」とか「どれも安っぽい多店舗展開の決まった味」とかそういったことはほとんどなくて、どのお店も一流の拘りあるお味だと思っています。

でないとこんなに5店舗とも人気が出るわけがないですもんね、しっかりとオーナーの考えが行き届いています。

また、オーナーが「ナポリピッツァ世界選手権第6位」に入賞された経歴をお持ちです。

そんな世界で認められたシェフのピッツァ、あなたは食べてみたいと思いませんか?

 

ピッツァの味が超一流

芦屋アレグロ、マルゲリータ

私が頼んだのはこれ、「水牛マルゲリータ」です!!

メニューを見た時、「水牛!?」と驚きましたが、実はモッツアレラチーズって水牛からできていることが多く、水牛の方が乳牛よりも飼育が難しく希少価値が高いとされているので、それだけ手に入りにくい水牛チーズでできているんです。

しかもナポリから直接、週に3回輸入していると聞くので驚きですよね!

そしてこの写真を見てください、このチーズのツヤと生地の焼き加減!もう、自分でもこれを見ているだけで味を思い出してきてヨダレが出そうです。

持って来てもらった瞬間、チーズの香りと炊きたての生地の香りとが「ふわっ」と私の鼻孔をくすぐり、食欲がむくむくと湧いてきたことを覚えています。

そして食べてみると、「チーズがとろけるとろける!」とろけるんですが、噛んでいくとしっかりとモッツアレラの歯ごたえもあって、甘味も楽しめる1品となっていました。

そして何といつても、「本格薪窯」で焼くと風味や色合い、生地の柔らかさ等が全然普通のものとは違ってきますよね。

ピッツァって小さくて物足りない所が多いんですが、大衆イタリア食堂「アレグロ」は大きめなので男性の方でも凄く満足できますよ!!

友達何人かで来てシェアするのもありだと思います。

 

パスタも専門店としてやってける美味しさ

芦屋アレグロ、クリームパスタ

そして忘れてはいけないのがパスタです。

これは「ソーセージとポルチーニのクリームパスタ!」

なんと言っても濃すぎず薄すぎず上質のクリームにキノコがたまらなく合う最高の1品でした。

これはもうパスタ専門店としてでも充分やっていけるレベルだと思います。

 

女子会として使える雰囲気が満載

お店のコンセプト「気軽に入れる大衆食堂」ということもあり、カジュアルイタリアンですが、芦屋店は地域柄セレブなマダム達も多く集う、小洒落た雰囲気です。

店内ではとても女子率が高く、女子会として使っている人の多さにとても驚きました。

芦屋店は女子といっても、マダム等の女性が基本的に多いです。

他の「塚口駅前店」とか「梅田店」の方がファミリーも多く年齢層が若いです。

また、時間制限もなくゆったりとできるので、デザートまで食べて会話が弾むこと間違いなしです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

芦屋アレグロ、前菜の盛り合わせ

セットにすると、前菜の盛り合わせも出見た目も楽しめるしボリュームもあるのでお腹いっぱいになります。

やはり本場イタリアで修行を積んで来られただけあって、どれもが絶品のお店だと思います。

また、ピッツァのテイクアウトもできますので、お店の味を家で家族で楽しむこともできます。

値段は「水牛マルゲリータ」で1,800円弱なので、この味とこの大きさでこのお値段とは、本当に価値があると思います。

是非、大衆食堂「アレグロ」で友人や家族と一緒に楽しいひとときをお過ごしになってくださいね。