話題の情報

白石聖の走り方が変すぎて怖い!『恐怖新聞』の監督と白石聖のコメントまとめ

白石聖、走り方変、恐怖新聞

白石聖さんといえば、透明感あふれる清純派若手女優ですよね。

ドラマに映画にバラエティーに、ご活躍されていて、その美貌が絶大な人気をよんでいます。

結婚情報誌『ゼクシィ』第12代目CMガールで「この綺麗な女性は誰!?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな白石聖さんが出演しているドラマ『恐怖新聞』での走り方変というのが話題になっており、その話題に対して中田秀夫監督と白石聖さんご本人がコメントされていたので、まとめてみました。

白石聖のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

白石聖fanpage(@sei_shiraishi)がシェアした投稿 –

名前:白石聖(しらいし せい)

年齢:22歳(1998年8月10日生まれ)

出身地:神奈川県横浜市

血液型:A型

学歴:日出高校

職業:女優

特技:ドラム、ラジオパーソナリティーを務めた経験あり

主な出演作品:「恐怖新聞」「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」「I”s(アイズ)」など

白石聖の走り方

『恐怖新聞』の第1話

白石聖さんの走り方はどんな感じなのでしょうか?

フジテレビのドラマ『恐怖新聞』の第1話で、白石聖さんが走るシーンがありました。

それがこちらです。

父親の命が危険にさらされているので、父親を探すため必死で坂道をひたすら走るという、緊張感ただようシーンだったのですが、それが「男前」だとか「走り方怖すぎる」「可愛い」などと視聴者から話題となっています。

走り方が個性的な女優さんはよく聞きますが、これが白石聖さんの「素」の走り方だったとしたら、白石聖さんもカナリ独特で変わっていますよね。

腕を横にふりスポーツマンのように走っているので、普段の白石聖さんの清純さからは想像もできないようなアスリートっぷりの走り方でした。

『I”s(アイズ)』

白石聖さんのデビュー当時の作品I”s(アイズ)では、少し内股で手を可愛く振って走るという『女子らしい走り方』をしています。

もしかしたら、女の子らしい役の時は乙女チックに走って、恐怖新聞のようなホラードラマの役の時は怖い感じに走って…と、白石聖さんは役作りがとても上手ということも考えられますね!

では、話題になった「男前ダッシュ」についての中田秀夫監督がツイートしているコメントはどんなものでしょうか?

恐怖新聞の監督・中田秀夫の声

Twitterで白石聖さんの「男前ダッシュ」が話題になったことに対して、『恐怖新聞』の監督である中田秀夫監督がTwitterで以下のようにコメントをよせています。

中田秀夫監督は、白石聖さんに対して、苦しい撮影や猛暑の中でも、とても頑張り屋さんで男前のスピリットで演じてくれていると高い評価をされていることがよくわかります。

真夏の炎天下のもとで出ずっぱりの撮影というのは、やっぱり相当辛いものがあると思いますし、猛ダッシュしなければいけないシーンでは白石聖さんは汗だくだったことだと思います。

とても男前で根性がある方ですので、走り方よりもまずそこを讃えてあげたいですよね!

白石聖本人の声

田中秀夫監督のツイートに対して、白石聖さんご本人もお答えされています。

やっぱり本気の「素」の走り方だったようですね!笑

ですが、それだけ本気で作品と向き合って必死で演技されているというのが伝わってきているので、白石聖さんに対する視聴者の高感度も一気に上がっているので良いことだと思います。

世間の声

他には「走り方気になりすぎてドラマに集中できない」とか、「走り方変でも可愛い」とか、逆に白石聖さんのような可愛い女優さんだからこそ、男前ダッシュが可愛いという視聴者の意見もありました。

走り方ひとつとっても、みんなそれぞれ見方があって面白いですよね!

まとめ

白石聖さんは女優さんですから、その役に合わせて自分が主人公になりきって走っているということがよくわかりました。

ただ、『恐怖新聞』の演技に対しては本気で走った結果、「素」に近い形でこうなったということですね。

元からあまり走りも自転車も得意ではないということなので、運動神経は良くない方なのかもしれませんが、お顔が美しいので全てカバーできます。

これからも白石聖さんの活躍を楽しみにしています。