こだわりの名店

牛ステーキ「おく乃」で松坂牛を堪能してきた!予約した上で味と雰囲気を楽しもう

ステーキハウス、おく乃

伊勢神宮の帰りに、伊勢の「おはらい町通り」にある牛ステーキ「おく乃」へ家族で行ってきました。

ここは有限会社奥野家さんが経営されているお店で、牛ステーキ「おく乃」以外にも、伊勢うどん「奥野家」、うなぎ料理「かおく」というお店が近くにあります。

伊勢に行くなら松坂牛ということで、牛ステーキ「おく乃」でステーキランチをいただいてきました。

 

予約してから行くべき

伊勢神宮やおかげ横丁といった観光地があるので、おはらい町通りもとにかく人が多い場所です。

一昔前は、日本人がほとんどだったのですが、今では外国人観光客も物凄く多く、歩きにくくなっています。

色々な飲食店が軒を連ねる中、牛ステーキ「おく乃」で待っている人は一際目立ち、物凄く人気店ということがわかります。

私個人はこれで行くのが2回目だったので、前回待ったことを踏まえ、今回は事前に時間を指定して予約してから行くことにしました。

そして到着すると案の定、外のお庭に相当な人がおり混んでいたので、外で長い時間待っていた方には申し訳ないですが、私達は到着してすぐに案内してもらうことができました。

予約をしておけば並ばずとも入れるので、牛ステーキ「おく乃」へ行くことが目的であれば絶対に予約をしておいて損はないと思います。

牛ステーキ「おく乃」、外観

 

奥に長い店内と料亭のシャレた雰囲気

店内へ入ってみると、手前に和風で高級な仕切り版のようなオブジェが飾ってあり、店内でも何人か待てるようになっています。

なんとも言えない家屋で、和のお店にも関わらず、照明や椅子などの店内の装飾に拘ったお店なので、モダンでオシャレな空間を醸し出しています。

やっぱりオシャレで綺麗な店内で食べられるというのも楽しみのひとつですよね。

そしてお手洗いは、母屋から少し外に出たところの離れにあり、行く途中で料亭の日本庭園のような小ぶりの庭を楽しめるようになっています。

インテリアや庭などの細かな拘りに、居心地の良い空間を感じさせてくれるお店だな~と感じました。

 

焼き加減が選べる「極上和牛ヒレ膳」

牛ステーキ「おく乃」

サラダにお漬物にお肉のタレ、お味噌汁とご飯はセットでついてきます。

そしてお肉の焼き加減を聞かれるのですが、「レア」や「ミディアムレア」「ウェルダン」など、家族みんなバラバラで色々注文しました。

個人的には、「レア」か「ミディアムレア」が好きなんですが、「ウェルダン」でも歯ごたえがあってそれはそれでお肉の旨味が楽しめます。

特選松坂牛ロース、牛ステーキ「おく乃」

そして、これが私達が頼んだ「極上和牛ヒレ膳」です!!!!

写真で見ても、お肉のツヤとキメの細かさが凄いですよね!焼き目も上手についていて、焼き立ての香りも上品でしたよ。

しかもお肉は私好みの、焼き目と赤身とが絶妙な焼き加減で、すぐさま温かいまま出たきたので、凄く幸せな気分になれました。

またお肉の脂肪分が甘いのなんので、「上質なお肉ってこんなに甘くて舌触りがなめらかなんだ!」と感激しました。

ステーキなので、切り方もぶ厚めで肉本来の旨味が味わえるし、溢れるほど肉汁があるので、ご飯と本当に良く合います。

コリコリのエリンギと玉ねぎが大きめに切ってあり、それがソテーしてあるのでソースに絡めて食べると絶妙な美味しさでしたよ!

お値段は3,000円ぐらいで食べられて量も結構満足できました。

 

和牛重はお手頃で食べやすい

和牛重、牛ステーキ「おく乃」

「極上和牛重」は、「極上和牛ヒレ膳」に引けを取らない程カナリのクオリティで品のある味だったのでこれもオススメします!!

お値段も2,500円ぐらいなので、懐も痛まず美味しいステーキ重を堪能できます。

私は食いしん坊なので、お重だとご飯の量がもっと欲しいと思いますが、しっかりとしたお肉の歯ごたえを楽しみたい方には充分だと思います。

 

まとめ

牛ステーキ「おく乃」

いかがでしたか?

私達は早めに行ったので問題なかったのですが、食材が切れ次第終了ということもあるようなので、数も限られているのかもしれませんね。

松坂牛の牛串などを買って食べ歩きするのも一つの手ですが、やはりレストランで食べたいなら予約してから行く方が無難です。

牛ステーキ「おく乃」では、お食事だけでなく雰囲気も楽しめるので、是非奥の席に座っていただくのがオススメです。

満席なら席が空き次第になるので難しいかもしれませんが、開店時なら行けるかもしれませんね。

あなたが伊勢に行かれる機会があれば、是非牛ステーキ「おく乃」へ立ち寄って、外観や店内の雰囲気を楽しみながらステーキを食べてみてください。