話題の情報

視聴者から非難殺到!24時間テレビの出演者に高額なギャラが支払われている?

24時間テレビ 駅伝

24時間テレビ毎年8月末になると日本テレビ「愛は地球を救う」が放送されます。

今年は42回目の放送で「2019年8月24日(土)~25日(日)」に放送されますね。

今年のテーマは「人と人~ともに新たな時代へ~」で、メインパーソナリティは嵐のメンバー「大野 智」「二宮 和也」「櫻井 翔」「相葉 雅紀」「松本 潤」の5人です。

そして、チャリティーパーソナリティはフィギュアスケーターの「浅田 真央」です。

総合司会は日本テレビアナウンサーの「羽鳥慎一アナウンサー」と「水卜麻美アナウンサー」です。

チャリティーランナーも既に発表されましたが、今年は1名のランナーではなく、4名による駅伝方式で行われるとのことです。

「よしこ(ガンバレルーヤ)」「いとうあさこ」「近藤 春菜(ハリセンボン)」の3名は決定していましたが、最後の1人に日本テレビアナウンサーで総合司会の「水卜麻美アナウンサー」が選ばれましたね。

どんな感動的な走りを見せてくれるのでしょうか?

24時間テレビ マラソン24時間テレビには毎年、数々の有名芸能人が出演していますが、チャリティ番組のため、当然「ノーギャラ」なのでしょうか?

24時間テレビ出演者の「ギャラ事情」を調査したところ、衝撃的な事実が判明しましたので紹介します。

24時間テレビ出演者のギャラ

24時間テレビ 嵐過去の出演者のギャラ(一部)を以下にまとめてみました。拘束時間などが異なるため、金額をものさしで測ることは難しいですが、みなさんもかなり高額という印象を受けるのではないでしょうか?

嵐(メインパーソナリティ) 1,000万円×5人
上戸彩(チャリティーパーソナリティ) 500万円
大島美幸(チャリティーマラソンランナー) 1,000万円
加山雄三 200万円
谷村新司 200万円
羽鳥慎一(総合司会) 500万円
ブルゾンちえみ(チャリティーマラソンランナー) 1,000万円
DAIGO(チャリティーマラソンランナー) 1,000万円
徳光和夫 1,500万円
その他 10~100万円

メインパーソナリティの相場は1人1,000万円、チャリティマラソンの相場も1,000万円のようです。

過去には萩本欽一さんが総合司会を務めたときには、「1億円」というギャラが支払われたという情報もあります。

加山雄三さんや谷村新司さんなどは大御所であるものの、最後の「サライ」を歌うだけで、200万円とはかなり高額なギャラですね。

24時間テレビ 明石家さんま明石家さんまさんは過去に1度だけ24時間テレビに出演していますが、その際に「この番組はチャリティだからギャラは寄付して」とテレビ局に伝えていたそうですが、テレビ局としても他の出演者がいる手間、寄付することができず「お支払いいたします」と明石家さんまさんに伝えたそうです。

それに対して、明石家さんまさんは納得できなかったとのことで、それ以来24時間テレビの出演を拒否しているという情報があります。

明石家さんまさんが言うことは真っ当な意見だと思いませんか?

何のためにチャリティ番組をやっているのかよくわかりませんね。他の有名芸能人も受け取っている事実をどう思っているのでしょうか?

ビートたけしさんも同じ理由から出演していないらしいですが、ビートたけしさんや明石家さんまさんのような考えを持った有名芸能人がもっとたくさん居ても不思議ではないように思います。

もちろん、チャリティ番組ということで受け取ったギャラは全額寄付している有名芸能人もいるとは思いますので、24時間テレビ出演者の全員を批判できないでしょう。

むしろ有名芸能人にギャラを支払っているテレビ局側が批判されるべきかもしれません。

世間の反応は?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

24時間テレビではチャリティー番組であるにも関わらず、有名芸能人に高額のギャラが支払われています。

すべての有名芸能人が全額のギャラを受け取っているかはわかりませんが、視聴者からは非難が殺到しています。

チャリティが大目的である番組ですので、出演者の有名芸能人のみなさんには気前よくギャラを全額寄付してもらいたいものです。

大野智
大野智デザインの24時間テレビTシャツがグロいと話題!今までのデザインと比較してみた2019年6月8日放送の『嵐にしやがれ』の番組で24時間テレビのチャリティTシャツが発表され話題になりましたね。 なんとこのデザインを...