話題の情報

就職活動に悪影響!リクルートキャリアの内定辞退予測を購入した大手企業がヤバい!

2021年卒の学生の就職活動がいよいよ本格的に始まりますね。

就職情報サイトの「リクナビ」を運営しているリクルートキャリアが学生の内定辞退率の予測データ「内定辞退予測」を企業に販売していたことが問題となっています。

リクルートキャリアによると、2018年3月以降に「内定辞退予測」を38社が購入し、利用していたそうです。

今回、問題となった内定辞退予測とはどんなものなのか?

そして、それを購入した企業はどこなのか?

調査したので、紹介していきます。

内定辞退予測とは何か

内定辞退予測とは一体どういったシステムなのでしょうか?

内定辞退予測

就活のインフラとも言える情報サイト「リクナビ」が、学生の閲覧履歴をもとに内定を辞退する確率を予測し、本人に十分説明しないまま企業に売っていた。運営するリクルートキャリアは、政府からの指摘を受けて販売をとめたが、学生からは怒りの声があがる。

 リクナビは、年に80万人の就活生と3万超の企業が使う最大手。その閲覧履歴を使って2018年3月から始めたサービス「リクナビDMPフォロー」が問題になった。

 仕組みはこうだ。

 企業は、採用活動で向き合っている就活生の内定辞退を減らしたい。前年の辞退者の名簿を渡すと、リクナビは、その一人一人が、いつ、どの企業をどれほど閲覧していたか、人工知能(AI)で分析する。内定後も他の企業を閲覧していたか、といった具合だ。

 実績を踏まえ、その年の就活生が辞退する確率を1人ごとに5段階で予測。こうした情報を1年あたり400万~500万円で大企業など38社に販売していた。対象の就活生の数は「非公表」という。

 就活生にリクナビに登録してもらう際の規約には履歴などの利用について「個人情報を使用」「採用活動補助のための利用企業などへの情報・提供」といった記載があり、「故事情報保護法に求められる同意は得ていた」とする。

 しかし、就活生への説明が不明瞭、との指摘を政府の個人情報保護委員会から受け、7月末でサービスを一時停止した。「個人情報がどのように企業に提供されていくのか、わかりやすい表現や説明方法を検討する」という。

 サービスの狙いは「辞退する可能性が高い就活生を引き留めるための手段」。採用の合否には使わないと合意した企業にのみ売ってきた、という。

引用:朝日新聞DIGITAL

内定辞退予測の購入企業は?

2019年8月23日時点で、以下の14社が購入企業であることが判明しています。

  1. トヨタ自動車
  2. ホンダ
  3. 大和総研HD
  4. YKKグループ
  5. レオパレス21
  6. さらにりそなHD
  7. アフラック生命保険
  8. NTTコムウェア
  9. NTTファシリティーズ
  10. 三菱電機
  11. 京セラ
  12. 東京エレクトロン
  13. リクルートホールディングス(HD)
  14. リクルートキャリア

このリストを見ると、どの企業も名前の知れた日本を代表する大手企業がズラリと並んでいることがわかります。

14社しか判明していないということは、まだ3分の1程度に留まっており、今後も購入・利用していた企業が報道などを通じて、続々と明らかになってくると予想できますね。

1社あたり400-500万円ということを考えると、38社で最大1.9億円もの売上を獲得していることになります。

今回ニュースが公にならなければ、もっと多くの企業が購入していた可能性もありますね。

人工知能(AI)はとても素晴らしい技術で、世の中を便利にするシステムですが、一方で、今回のように誰かが不利益を被るケースも出てきています。

最悪の場合は犯罪などに悪用されることも増えてくるかもしれません。

内定辞退予測に対する世間の反応

https://twitter.com/hotoke_nagasan/status/1164570133773164545

世間の反応としては、やはり否定的な意見が多いですね。

まとめ

内定辞退予測は、あくまでも”予測”です。

予測の精度が100%であるはずがないですよね。

実際に内定を辞退する考えが一切ない学生が、誤った予測により落とされることが必ず発生することが考えられますね。

ただ、着目したいのは内定辞退予測を購入しているのは、ほとんどが大手企業だということです。

人気のありそうな企業が購入している背景には、どれだけの大手企業でも学生の内定辞退に悩んでいるということが見え隠れしています。

たしかに企業側も優秀な学生を集めるために、高額な経費を使って全国で企業説明会やセミナーなどを開催しているわけです。

内定を辞退されると、その穴を埋めるために、採用を追加しなければなりません。そこで、さらに経費が発生してしまうことを出来る限り避けたいという想いがあるのでしょうね。

ただし、企業側も内定辞退を避けるために、こういった機械的なツールに頼らず「待遇面」や「企業好感度」などの改善に努めてもいいのではないでしょうか?

この内定辞退予測の登場によって、公表された企業へのエントリーを避けるなど、少なくとも今後の就職活動に大きな影響を与えることは間違いなさそうです。

ビジネス
あなたはどんな仕事がしたい?就活における企業研究3つのやり方あなたはどんな仕事がしたいですか?就活の原点はここです。自分がしたい仕事を探すことも就活の一環です。 大学進学時には学部を選ばないとい...
通りやすいエントリーシートや履歴書の作成ポイントはこれだ!!就活で最初の鬼門となるのが、エントリーシートや履歴書です。これを通過できなければ、Face to faceでのアピールができません。「会...
お金
就活費用を抑えたい人必見!「夜行バス」はお金も時間も効率的です就活では活動すればするほど、どうしてもお金がかかってしまいますよね? 特に九州や東北など地方の大学に通っている学生は移動だけで数十万円...
面接、練習
数々の企業の面接を勝ち抜いてきた私が実践した3つのポイント!!エントリーシートや履歴書とは違い、面接になると急にハードルが上がって不安・恐怖に感じてしまう方が多いのではないでしょうか? 私が1番最...
企業プレゼン
就活における企業説明会で注意しておくべきポイントを教えます!企業説明会や企業(工場)見学では、出来るだけ多くの企業の話を聞いておくことをおすすめします。 就職してしまったら、他の業界・他の企業の...
就活、スケジュール
就活中の有効的なスケジュールの組み立てと手帳での管理法を紹介します!就活は3~4ヶ月の短期間での勝負です。 その短い期間で「スケジュールを如何に効率的・効果的に組立てるか」というのも、勝ち抜くために身に...
就活、面接
私が就活の面接で聞かれた質問を大公開!質問内容は大体どこも同じ?「面接では何を聞かれるだろう?」と不安に感じる人、面接で頭が真っ白になる人も多いのではないでしょうか! でも安心してください。面接で聞...
グループディスカッション
就活におけるグループディスカッションでの役割と合格に向けた対策!面接は大丈夫だけど、グループディスカッションになると、どうも苦手…思い通りにいかない…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?私もその...