野球関連

【コロナ】選抜高校野球を無観客試合は可哀想・延期にすべきとの声続出!

選抜高校野球 コロナ 延期 中止 無観客試合

新型コロナウイルスが全国的に広がっていますね。

その中で高校球児の夢の舞台である春の選抜高校野球が無観客試合もしくは中止になる?というニュースが飛び込んできましたね。

新型コロナ感染拡大の影響を受け、第92回センバツ高校野球大会(19日開幕・甲子園)の主催者である日本高野連と毎日新聞社は4日、無観客開催を前提に調整すると発表。11日に臨時運営委員会を開き、最悪、開催中止もあるとした。

日本高野連は当初、通常開催を基本線としていたが、政府が226日に今後2週間の大規模イベントの自粛を要請。センバツ大会は19日開幕のため自粛期間後となるが、集団感染のリスクを回避するためにも通常開催を断念した。センバツ大会のチケットはすでに228日からコンビニなどで前売りが始まっていた。

なお、予定されていた開幕前の行事は中止および変更を決定した。

中止されるのは12日のキャプテントーク、責任教師・監督会議、キャプテン研修会、15日と16日の甲子園練習、18日の開会式リハーサル、19日の開会式。変更されるのは13日の組み合わせ抽選会。従来は監督、主将が出席して、主将が抽選を務めるが、今回は主催者(毎日新聞社)による 代理抽選となる。

引用:中日スポーツより

これに対して、世間からは「高校球児が可哀想」「延期にすれば良い」など厳しい意見が寄せられています。

今回は選抜高校野球の無観客試合にする、もしくは中止にするとの報道に対して世間の反応を調査しました。

世間の反応

まとめ

この為に一生懸命練習してきた学生達からすると、やっぱり中止ではなく実施してあげたいという思いがあって高野連は無観客で実施することも視野に入れているようですね。

かといって野球のみ特別扱いというのは世間一般的に不平等という気持ちもわかります。

高校野球は人に希望や感動を与えるようなスポーツなので、何か特別感のようなものがあるかもしれません。

しかし実情としては、交通手段や宿泊など、人が密集する機会が非常に多いですよね。

それに野球部員だけではなく、保護者や球場関係者なども多く関わるイベントなので、感染拡大する可能性も大いに考えられます。

こういったことを考えると、とても残念ですがやはり中止した方が良いのかもしれませんね。